家族の人生を大切にしたら賃貸に落ち着いた

たとえば、家族構成が変わり部屋が狭くなったら広い賃貸物件に移り住めば解決しますし、逆に子どもが独立して部屋が広くなったと感じればコンパクトな物件に移り住めば良いわけです。
近隣に高い建物ができるなど日当りや風通しが悪くなったとき、あるいは隣家とトラブルが生じたときも、引っ越せば問題は解決します。

​そんな賃貸のメリットとおすすめ物件などをここでは紹介したいと思います。

笑顔の赤ちゃん
幸せな家族

引っ越しや住み替えが自由にできる


ライフスタイルの変化に強いというのが賃貸物件の特徴です。仕事の都合や子供の進学、家族構成が変わったなど状況に合わせて柔軟に住み替えることができるのは、大きなメリットとしておすすめできます。また、住んでみて居心地が悪かったり、近隣トラブルが問題になったりしても引っ越したいときに自由に引っ越せるため安心です。そして、ペットが飼いたくなれば設備の充実したペット可物件に住み替えることも可能なのです。


税金などを考慮しなくて済む


土地と建物の固定資産税や都市計画税、修繕費用などがかかりません。賃貸物件で発生する費用は、共益費や駐車場代などを含めた月々の家賃のみとなります。また、多額の住宅ローンの負担もないため気軽に生活することができます。もし、収入がダウンした場合でも自分の収入に見合った物件を探すことが可能です。


天災が起きても不動産損失を考えなくて済む


日本は地震が多く、細長くて小さな島国であるため天災によってダメージを受ける可能性が高いと考えられます。賃貸物件の場合、地震や災害など天災の被害にあった場合でも不動産損失を考えずに済みます。また、修繕費用などを用意する必要が発生することもなく、金銭面での負担もかかりません。